0120-109-700

つながらない場合は042-360-4771

受付時間:平日9:00~17:00

  • ホーム
  • 事務所紹介
  • 所員紹介
  • 無料相談
  • 料金表
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 選ばれる理由
  • アクセス

税負担の軽減

相続税の節税対策

相続が発生する前に実行することにより将来の相続税を減らす対策として一般的なものをご紹介します。

1.生前贈与を活用する

① 長い年月をかけて少しづつ財産を減らす

生前に子供や孫へ現預金等を贈与することにより将来の相続財産を減らすことは最もポピュラーな方法です。年間(1/1~12/31)を通じて110万円まで贈与税の基礎控除が認められています。贈与の証拠を残すために契約書の作成、預金から預金への資金移動、贈与した資金は贈与を受けた方が管理する等を守った上で実行することが必要となります。

② 短期間で多額の資金を減らす

生前に子供や孫へ多額の資金を贈与税の非課税を使用して贈与することにより将来の相続財産を減らすことができます。贈与税の非課税の主なものは下記のとおりです。
・住宅取得等資金・・・住宅の取得を目的とした金銭の贈与
・教育資金の贈与・・・教育資金に充てることを目的とした金銭の贈与
・結婚・子育て資金の贈与・・・結婚・子育て資金に充てることを目的とした金銭の贈与

③ 短期間で多額の不動産、資金を減らす

生前に婚姻期間が20年以上である配偶者へ居住用不動産又は居住用不動産を取得するための金銭を贈与することにより将来の相続財産を減らすことができます。

2.アパート等を建築する

手元資金又は銀行借り入れでアパート等を建築すると一般的には、将来の相続税を減らす効果が望めます。これは、相続財産の評価方法をうまく利用したもので例えば1憶の現金をもったまま相続が発生すると現金1憶円が相続財産となってしまいます。これに対して生前にこの現金1憶円で建物を建築して相続が発生すると建物の評価は、固定資産税評価額をベースに評価しますので概ね1憶円の60%~50%程度の金額が相続財産となります。

3.生命保険金を利用する

被相続人の死亡により相続人が生命保険契約の保険金を取得した場合には、その金額から、500万円×法定相続人の数で算出した金額(非課税金額)を控除することができます。
そのため、生前において一時払終身保険等を契約し保険料を一時に払い込んでおくと将来の相続発生時において非課税の規定を適用することができます。又、保険金は受取人に対して現金で支払われるので、受け取った相続人の相続納税資金にすることもできます。

以上、一般的なものをご紹介しましたが対策事例のなかには、適用に際しての要件や申告要件をクリアしないといけないものがあります。実行される前に当センターにご相談ください。

お客様の声
平成31年8月28日 稲城市大丸 多忙な中、一人で悩むより専門家に任せたほうが得策であると考えます。
・ご相談内容   相続税申告 ・満足度   とても満足 1.当事務所にご相談いただく前はどのようなことにお困りでしたか?   また、税理士にご相談いただく上で不安だったことなどをお聞かせくだ…
平成31年7月31日 府中市宮西町 最初の相談は無料なのでとりあえず聞いて頂くとよいと思います。
・ご相談内容   申告   手続き ・満足度   満足 1.当事務所にご相談いただく前はどのようなことにお困りでしたか?   また、税理士にご相談いただく上で不安だったことなどをお聞かせく…
平成31年7月20日 稲城市 ていねいにご対応頂き、とても安心できました
・ご相談内容   申告 ・満足度   とても満足 1.当事務所にご相談いただく前はどのようなことにお困りでしたか?   また、税理士にご相談いただく上で不安だったことなどをお聞かせください。…
平成31年3月27日 府中市宮西町 よくよくお話を聞いて頂き不安はまったくありませんでした
・ご相談内容   ・満足度   とても満足 1.当事務所にご相談いただく前はどのようなことにお困りでしたか?   また、税理士にご相談いただく上で不安だったことなどをお聞かせくださ…
その他のお客様の声はこちら

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
PAGETOP